カジノカフェがなぜ違法とされているのか

カジノカフェが摘発され続ける理由は、日本国内で行っているある行為が原因とされています。もしその行為を行っていないのであれば、摘発されることは少ないとされていますし、問題が起きることもそこまでありません。しかしある行為が絶対に行われてしまうことを考えると、摘発されても仕方ないことです。

摘発

日本国内での精算行為がある

オンラインカジノを利用することは、海外で作られているカジノをプレイすることにつながっています。これは逮捕される可能性がそこまで高くありませんが、問題は精算を行う必要があります。使った金額に対して、どれくらいの金額がマイナスになっていて、カジノカフェ側との精算をすることになります。この精算が日本で行われていることは、賭博行為をしていることと同じになりますので、逮捕されることになります。
これが警察が逮捕する理由につながっています。もし精算まで海外で行われているのであれば、逮捕されない可能性もあるくらいです。日本でカジノを運営している側との精算をしていることは、普通にお金のやり取りをしてギャンブルをしていたと思われて、違法な扱いを受けることになります。

現金に変える行為が絶対に生まれる

もし勝つことが出来たら、カジノカフェ側にはオンラインカジノを上でお金を得ることが出来ますが、カジノをプレイしている人は実際にお金を受け取らなければなりません。そのために生産が行われて、カジノカフェが実際に現金を渡して、勝ち分をしっかりと与えるようにしています。しかしこの行為は賭博の精算を行っていることと同じに扱われることになりますので、ここが理由で違反とされてしまうことが多いのです。
現金に変換しないと駄目なのは、オンラインカジノから出金するまでには時間がかかるためです。実際に利用することになるオンラインカジノは、出金対応が大幅に遅れることが多いために、思ったほどのタイミングで精算できずに苦労することになります。だからこそ国内で精算できる状況を作ってしまうのです。

この状況が違法扱いを生んでしまう

カジノカフェを利用しているユーザーも、運営している業者も違法とされているのは、賭博行為に該当することが日本で行われてしまい、結局摘発できるものと判断できるからです。違法扱いをされてしまうことが当然のように行われていると、リスクが高いと判断されてしまうことも多くなりますので、最近はかなり巧妙に隠す方法も取られています。

逮捕